パンツのダブル仕様誕生物語!

こんにちは。

イルビレッタの田中です。

本日は台風が来ております。
私は以前まで台風5号等の番号、何号ってなんやねんと思っていました…
その意味を3日前知りました…情けないです…

という事で、本日はパンツのお話し。
まずパンツの裾口にはおおまかに
フォーマルイベントに使うシングル仕様、モーニングカット仕様、
ビジネスや足元のアクセントに仕様するダブル仕様があります。


【シングル】

【ダブル】

スーツやスラックスを購入する際、裾口の仕上げ方によって印象が変わるので大事な部分です。

そもそもダブル仕様の由来ってなんなの?って思った事あるでしょう?
ないという人は今、思ってください…

そこで今回はコットンスーツ物語と同様で、
ご紹介するにあたり文字をずらずら書くのも読んでて飽きそうなので、
今回も登場人物を交えて物語調で書きます。笑

まずは本日の登場人物です。
オシャレな紳士役

大物ハリウッドスター「ジュード・ロウ」

パーティー参加者A

筋肉モリモリ「シルベスター・スタローン」

パーティー参加者B

筋肉モリモリ「アーノルド・シュワルツェネッガー」

パンツのダブル仕様誕生物語!

とある昔のお話し…

むかしむかしあるところに、お洒落で有名な紳士がいました…

ジュード)「あー今日も俺、イケてるわー。」
「ん?」「鏡の前にイケてる紳士がいる!」
「って俺やないかーい!!」
「そんな事より今日パーティーの予定あったんちゃうかな」

ジュード・ロウは手帳を開きました。

「確かに今日はパーティーの予定入っとるわ!」
「ていうか今日まぁまぁ雨降ってるやん!」
「ちょっとめんどいけど行かなあかんし行こう!」

ジュードロウはとびっきりのお洒落をしてパーティーに向かいました。

ジュード)「おいおい、雨きつくなってきたやん…」
「せっかくええスーツ着てきたのに…パンツびしょびしょなってまうわ!」
「せや!汚れるの嫌やからパーティー会場まで裾捲り上げとこう!」

ジュードはお洒落なスーツの裾を捲り上げドヤ顔で会場に到着しました。

スタローン)「雨の日のパーティーは嫌だねーシュワちゃん!」
アーノルド)「嫌やねー。服濡れるしねー。」
スタローン)「おい!あのお洒落な紳士見てみろ!」
「パンツの裾が…」
アーノルド)「うお!捲れ上がっとるぞ!」
「素敵やん!シャレオツやん!」
スタローン)「あれは新しい流行に違いないぞ!シュワちゃん!」
アーノルド)「きっとそうだね!さっそく僕たちも真似しよう!」
スタローン)「うん!そうしよう!シュワちゃん!」

要するに、ある紳士が雨の中パーティーに向かう際、ズボンの裾を汚れないように折り返した。
そしてそれを忘れたままパーティーに出席してしまったところ、
参加者たちが「これは新しい流行に違いない!」と真似するようになったらしいです。
(この3行の文で伝わりましたね…)

じつはこの話、色々説があるみたいです。
舞台はアメリカだったとかイギリスだったとか…色々。

本日のお話しいかがだったでしょうか。笑

最後に皆さんお気づきでしょうか。
今日は雨なのでこの話をしました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*