フォーマルウェアのお勉強です。(シャツ編)

こんにちは。

イルビレッタのTANAKAです。

最近お問い合わせの多いフォーマルアイテム。
イルビレッタがカジュアルアイテムの露出が多いからなのか、
(そちらでフォーマル用スーツorシャツはオーダーできますか?)と
お問い合わせをいただきます。笑


フォーマル用のアイテムの受注は元々多いんですけどね…笑
正統派フォーマルから少し崩したフォーマルまで何でも来い!です。笑

という訳で、本日はフォーマルアイテムのシャツについてお話しましょう。
フォーマルシーンに着こなすシャツにもルールがあります。
基本をしっかり抑えておけば、無問題(モウマンタイ)です。笑

その中でも今回はウイングカラーシャツについてです。

基本ディテールは襟が鳥の羽根のように立ち襟になったシャツ。
比翼仕立てのフライフロントはよりフォーマル感がアップします。
(基本的にウイングカラーシャツはボタンが見えるのはNGです)

ダブルカフスはシングルカフスよりも、よりフォーマル度が高くなります。

そしてフォーマルシャツでよく見るこのピラピラ。笑

これは「ピンタック」と呼ばれたり、「プリーツ」と呼ばれたりします。笑

ピンタックなしのタイプは昼の礼装に着用するフォーマルシャツ。

昼間の結婚式の新郎様やゲストの装い、モーニングコートの装いなどに。
「シーン」昼の礼装
「服装」モーニング、ディレクターズスーツ、フォーマルスーツ

ピンタック有りのタイプはタキシードの装いなど夜の礼装に着用するフォーマルシャツ。

胸の贅沢なプリーツが華やかさを演出してくれます。
「シーン」夜の礼装
「服装」タキシード、フォーマルスーツ

フォーマルシャツは白の無地が基本ですが、少し崩したスタイルには、
今では定番になっているデニム生地のウイングカラーシャツなんかもいいですね。
数年前に某セレクトショップが販売し、ちょっとしたブームになりましたね。笑

もちろんデニム生地だけでなく、オーダーであれば、
お好みの生地でウイングカラーシャツもオーダーできます。

ORDER PRICE

オーダーシャツ ¥9,720(税込)~

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*