ブラックスーツを華麗に着る

こんにちは。

イルビレッタのTANAKAです。

本日はブラックスーツのご紹介です。
ブラックスーツといっても、冠婚葬祭用のブラックスーツではありません…

ブラックスーツといえば、ハイブランドのモードスーツから、
フォーマル用のスーツ等で見られます。


ビジネススーツに関しては、ネイビーとグレーが国際標準です。
しかしブラックスーツにはネイビーグレーとは違った魅力、
「モード感」「強いフォーマル感」などがあります。

ちなみに結婚式で黒スーツを着るのは日本特有の文化です。
ブラックスーツは最上位のフォーマルカラーであると同時に
キリスト教文化圏においては「悲しみの黒=葬式」というイメージが根強いんです。

という背景から、英国人も一般的な結婚式に参列する際に着用するのは
チャコールグレーのスーツが基本です。
ビジネススーツの色味としても定番はネイビーとグレーであり、
特に無地のブラックスーツは一般的ではありません。
ビジネススタイル、そして冠婚葬祭にも無地のブラックスーツを着用する日本のスーツ事情とは、
かなり違ったスーツ事情なのです。

しかし、ブラックスーツには「強いフォーマルテイスト」
もしくは逆に「エッジの効いたモードテイスト」を演出できるという大きな魅力があるんです。
着こなし方によってはネイビースーツやグレースーツとは一味ちがった
洒脱感を演出できるのではないでしょうか。

また最近ではブラックスーツの受注も増えてきております。
あくまでも冠婚葬祭ではなく、オシャレスーツとして着用するのが目的です。

という事で、私もブラックスーツを使ってネクタイコーディネートしてみました。
イルビレッタのトルソー君に着せつけました。笑
そして今回はTANAKAが着るならこう着るでしょうコーデです。笑

ダブルのブラックスーツを使いました。


シャツはシンプルに白。
私ならネクタイはこれにするでしょう…

あえてシックなネクタイを選びました。

そしてラフにブラックスーツを着るなら、
スーツのステッチを端ではなく少し内側に入れることにより、
フォーマルスーツとの変化を。

このようなネクタイコーディネートはかっこいいと思うんですが、
カットソーとスニーカーで着崩した方が
カッコイイんじゃないかと思ってしまうのは私だけでしょうか…笑

という訳でブラックスーツのご紹介でした…笑
各アイテムを変えるだけで無数の着こなしが実現するブラックスーツ。
ビジネスシーンで嫌われがちなブラックスーツですが、
この際かっこいいブラックスーツを仕立ててみるのもありですね!
ブラックスーツをスマートに着こなす男こそ、本物の男です…

【ジャケット】
・ナチュラルショルダー
・肩パッド薄いものを使用
・総裏仕様
・サイドベンツ
・袖4つボタンの本切羽仕様(オプション)
・AMF0.6巾ステッチ
・水牛釦ダークブラウン(オプション)
・胸ハコポケット
・腰ポケットフラップポケット

【スラックス】
・1プリーツのテーパードシルエット
・裾ダブル仕上げ

「ご予約、お問い合わせ」
お電話→TEL 06-6536-3308
予約、お問い合わせフォーム→ILVILLETTA予約フォーム

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*