春夏に着るブラウンスーツ…

こんにちは。

イルビレッタの田中です。

2018年ワールドカップもいよいよクライマックスを迎えております。
昨日の試合ではウルグアイ対フランスはフランスの勝利。
ブラジル対ベルギーはベルギーの勝利。
まさかのブラジルが敗戦。
このままベルギーは優勝してしまうんでしょうか…
ベルギー代表に関しては、「ルカク」「アザール」「デ・ブライネ」が鬼のうまさですね…

ただ個人的にはフランス代表の「グリーズマン」が素晴らしい。
大好きなんです!「グリーズマン」が!笑

(左グリーズマン)
素晴らしいテクニックの持ち主で、試合を見てると気持ちくなってきます。笑
ただ私が好きな理由はもう一つあります…
それは…
「夏場でも基本的に長袖しか着ない」。
わかる人はわかると思います。
長袖めちゃカッコイイんです。笑
また「グリーズマン」が長袖しか着ない理由も粋なんです。

そもそも彼は7番に愛着をもっていてその理由がベッカムが大好きだかららしいのです。
その流れでベッカム対する憧れからか、夏場でも長袖を着用しているんです。
(ベッカムも基本長袖しか着ていなかったです)
グリーズマンはGQのインタビューで確かに言っていました。

「大ファンなんだ。ピッチ上での彼はいつも一流だった。
そして、ピッチ外では常にかっこいい。
ロンドン五輪での彼を覚えているよ。
ボートに乗ってやって来たんだけど、そのヘアスタイルはまったく乱れてなかった!
本当にファンなんだ。
長袖でプレーしているのもそのためさ。背番号7を着けているのもね。」

まじ、リスペクトしてるんですね。

サッカーのユニフォームも洋服と一緒ですね。
憧れている人の真似をする!
私ももしサッカー選手なら長袖しか着ないでしょう。笑

さて今回ご紹介する1着は…
ブラウンのリネンスーツです。
私の憧れ「イタリア人」達もブラウン系のスーツを好んで着ております。笑
今年は特にブラウン系のアイテムは多くお目にかかりました。
コットンのブラウンやリネンのブラウン等、好みの生地でオシャレを楽しんでおります。笑


春夏にブラウン?と思われがちですが、
夏の素材を使えば問題ありません。
このようにリネン素材なら涼しげな印象で重たく見えません。
あえてブラウンストライプシャツを合わせましたが、全然涼しげに見えます。
リネンのおかげですね。笑
またチーフも白のリネンチーフが涼しげな印象を与えるポイント。
チーフが色を使った柄物だと重たく見えるかも!?

そして今回使用したリネン生地は「W・BILL」のもの。

品質の良さから、英国王室でも重要視され、
世界のファッション界でも有名なリネン素材なのです。
一般的なリネン生地より重めのウェイトで少しに肉厚です。
薄すぎるリネン生地でスーツを仕立てるとなんとなくみすぼらし感じになります。

これぐらいの肉厚のリネン生地がスーツにはお勧めです。
またこのリネン生地スラックス単品のオススメなんです。
清涼感のあるリネンの風合いがいいんです。
真夏にカットソーと合わせたいですね。

そしてなんと!
7月14日から開催する「クリアランスフェア」に、
このW.BILLのリネン生地登場します!
どの色のリネン生地が登場するかはお楽しみに!笑

「ディテール」

【ジャケット】
・ナチュラルショルダー
・肩パッドなし
・裏地総裏
・キュプラベージュ(オプション)
・R台場仕立て(オプション)
・サイドベンツ
・袖3つボタンの本切羽仕様(オプション)
・AMF0.6巾ステッチ
・つや有り水牛ボタン(オプション)
・胸ハコポケット
・腰ポケットアウトポケット

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*