販売員として考える…

こんにちは。

イルビレッタの乾寛人です。

今では本当に様々な場所で聞く言葉
「これすごくお洒落です…」

今私が考える洋服に対する考え方とあまりにも違うこの言葉
街で、百貨店で、個人店で、洋服屋さんで、メンズレディース関係なく
接客され聞かされる「これすごくお洒落です…」


私達のような販売員がその言葉を簡単に言っていいのでしょうか?
例えばこのスラックスすごくお洒落なんです。
何故そう言い切れるのか?

どこに着て行かれるのか?その時に誰と会うのか(誰といるのか)?
合わせるトップスは?合わせる靴は?
色々なことが合わさりそう見えるという事ではないのだろうか。
私はそのアイテムだけでお洒落とはならないと思っている。
全体のバランスの中の1つ、それさえ付けていればお洒落?
そんな簡単な事ではないでしょう。

確かに単体で造形が美しい物はあります。
私にとっては靴や時計がそうですね。

こんなん何時間でも見てられます(笑)が!
ただいくら美しくてもコーディネートして合わなければ私にとっては
それはお洒落ではないと思っています。

良いブランド、商品は沢山あると思いますが
それをお客様のベストのアイテムにするのはコーディネートです。
コーディネート次第でそのアイテムはその場にとって、お客様にとって
良くもなり、悪くもなるものです。

例えば私のパーティーコーディネート

この着こなしは華やかな印象を演出するために、アクセントに赤の眼鏡に赤の靴下を
合わせています。
こちらのメガネは「alainmikli(アランミクリ)」のモノで単体で見てもとても美しいメガネですが
華やかな印象を与えない方がいい場ではやりすぎになってしまうと思います。
それぞれのアイテムには相応しいシーンがあり、それを理解する。
その事に真摯に向き合いながらお客様にご提案する事を考えさせられました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*