カバートクロスを使ったダブルスーツ…

こんにちは。

イルビレッタのTANAKAです。

ここ何日か、暑い日が続きますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。
やっと涼しくなったかと思えば、暑い日々に逆戻りで
イラッとするのは私だけでしょうか…

そんな事はさておき、
皆さん、すでに秋冬のスーツ、ジャケット等はすでにご準備されましたか?


今回は秋冬のスーツにオススメのファブリックをご紹介します。
TANAKAがオススメしたいのは、

COVERT CLOTH(カバートクロス)

はい、カバートクロスの説明します。

元々狩猟用コートとして使われていた”COVERT CLOTH(カバートクロス)、
英国では誰でも知っている定番の生地です。
生地の特徴としては、硬くしっかりとした織りによる耐久性と防水性、
そして見た目は、急な角度の綾目模様が表情として出ています。
伝統的な生地ゆえに、ヴィンテージ感も漂います。

昨今の英国調の流れもあり、今シーズンは多くの生地メーカーが少しウエイトを落とした
スーツ用のカバートクロスを多く展開しています。

何よりもこの高温多湿の日本でも、10年選手として着用可能なほど、
仕立て栄えし長く着用できるのが魅力。

このカバートクロスですが生地メーカーだけでなく、
様々なイタリアインポートブランドが、
カバートクロスを使用したスーツを展開しております。
この生地自体はウェイトが重いので、
がっつり肩パッドの入ったジャケットを着るのは少々辛いかも…

カバートクロスで仕立てたスーツが仕上がってきましたのでそちらのご紹介も。


CACCIOPPOLIのカバートクロスを使用した1着。
生地自体のウェイトは440g/m。
肩パッドを抜き、シャツ袖仕様で着用しやすいジャケットに。

ディテールはチェンジポケット付き。
生地自体が英国調なのでチェンジポケット付きがマッチします。


スラックスは2インプリーツのサイドアジャスター付き。

今回オーダーいただいたスーツ、
昨今のトレンド「英国調、クラシック」の言葉が似合う1着です。
皆様も是非、この「カバートクロス」でスーツを仕立ててみてください。

「ご予約、お問い合わせ」
お電話→TEL 06-6536-3308
予約、お問い合わせフォーム→ILVILLETTA予約フォーム

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*