シャツの前立てって何のこと?

こんにちは。

イルビレッタのTANAKAです。

久しぶりに豆知識的な話題です。
本日はシャツがテーマです。
シャツの「前立て」という部分はご存知でしょうか。
前立てとはシャツの前ボタン部分に付けられる帯状のパーツのことです。
もとは補強のためにできたらしいです。
前立てには種類があるんです。


おおまかに「表前立て」「裏前立て」「比翼」の3種類があります。

【表前立て(プラケットフロント)】

 
シャツの前端を表に折り返した前合わせのこと。
箱ひだに仕立てた細帯が特徴でスポーティーな印象があります。
一般的にカジュアルシャツ、ボタンダウンシャツに多い仕様。

【裏前立て(フレンチフロント)】

  
シャツの前端を内側に折り込んだ前合わせのこと。
装飾がないので、すっきりとしたスタイルでドレッシーな印象があります。
ワイド系の衿型と相性がいい仕様。

【比翼仕立て(フライフロント)】

  
前立を二重にして、ボタンが見えないようにしたもの。
シャツのデザインの中では最もモード感、フォーマル感を感じさせるデザイン。
フォーマル用のシャツに多い仕様。

一般的に前立ての無いシャツはドレス用。
ボタンが見えない比翼仕立て(フライフロント)はドレス度が高く、
前立てのあるシャツはカジュアル向けとされ、ネルシャツなどはほとんど前立てがあるはずです。
イタリアやフランスのシャツには裏前立てが多く、
英国式では前立てはドレスシャツカジュアルシャツ問わず取り付けられています。

というように色々前立てにも種類があるのです。笑
ここまでで考えるとワイドカラーは「裏前立て」、ボタンダウンは「表前立て」
仕様のシャツを買うと間違いないのですが、世の中にはトレンドというものがあります。笑

昨今イタリアブランドのシャツは「表前立て」仕様のワイドカラーも展開しています。
上品なカジュアルって感じなのでしょうか。笑

ただ一般的なカジュアルシャツの「表前立て」とは違う部分があります。
その違いは「表前立て」の幅です。
一般的な表前立てよりも細くなっているのが特徴です。
なので一般的な表前立てよりもすっきり見えるので、
カジュアルな印象を抑えているので、ワイドカラーの衿型でも着やすいのです。

もちろんイルビレッタでも前立ての幅決めれます。
用途に応じてお選びください。

それでは。

「ご予約、お問い合わせ」
お電話→TEL 06-6536-3308
予約、お問い合わせフォーム→ILVILLETTA予約フォーム

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*