センターベントとサイドベンツのお話。

こんにちは。

イルビレッタのTANAKAです。

今日は大好評の雑学コーナーです。
スーツのstyleを決める時に悩まれるディテール…
【ベント】。
ジャケットの後ろの裾に付いている切れ込み(スリット)部分のことですね。
このベント、大まかに「センターベント」、「サイドベンツ」、「ノーベント」があります。


それぞれの意味を知っている方もいますが、
知らない方の方が大半ですね。

「男は背中で語る」と言われるように後ろ姿がキマっている男性は魅力的です。
是非、このブログをご覧になって、後ろ姿もモテる男性になりましょう。笑

【ベントは大きく分けて3種類】

「センターベント」

真ん中に一つの切れ込みが入っているもの。
乗馬をする際に引っかかったりしないように、
窮屈さの解消と動きやすさを考えて作られたデザイン。
別名「馬乗り」と言います。

このセンターベント、
細身で着丈が短めのスーツとの相性が特に良いとも言われています。
またアメリカ系ブランドのスーツに多いディテールです。

「サイドベンツ」

腰に吊った剣(サーベル)の抜き差しをしやすくするためのデザインの名残りと言われております。
これも別名【剣吊り】と言います。
両サイドに切れ込みが入っているので、センターベントよりも動きやすく、
突っ張った感じがなくなりますね。
着丈の短すぎるスーツにはあまり合わない気が…
また英国製スーツに多いディテールです。

「ノーベント」

切れ込みの入っていないディテール。
そもそも「センターベント」「サイドベンツ」は動きやすさや機能性を高めるためのディテール。
機能性の求められない場、パーティーや公式の場で着用するスーツに使うディテール。
タキシードなんかは本来ノーベントですね。

個人的にはスーツはサイドベンツの方が好みです。
ウエストから裾にかけてのサイドベンツ特有の広がりがセクシーです。笑

現代では「センターベント」か「サイドベンツ」を決めるのはお好みで選びますが、
ご自身の体系に合った選び方をするのもありかと…
なにごともバランスが大事!笑

後ろ姿の印象を大きく変える「ベント」に注目して
モテるスーツスタイルを作り上げましょう!笑

最後にスーツと全く関係ないどうでもいい雑学を1つ…笑
日清焼きそばのU.F.Oの商品名の由来は…
「うまい、太い、大きい」である。

「ご予約、お問い合わせ」
お電話→TEL 06-6536-3308
予約、お問い合わせフォーム→ILVILLETTA予約フォーム

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*